キムチと牛タン

牛タンの通な楽しみ方を教えます!

牛タンはスタンダードな焼肉の部位であるものの、カルビやロースとは違ってホルモンに分類されることから特殊な味わいのある部位でもあります。そのため、普通にタレをつけて食べるというだけではなく、レモンをしぼったり塩だけで食べたりという色々な味わい方のバラエティがあるのも大きな特徴でしょう。しかし、現在の牛タンの一般的な食べ方としては、上記のよなレモンや塩がほとんどですので、十分にその牛タンの楽しみ方を追求できていないという印象があります。そのため、私が開発した牛タンの通な楽しみ方を教えます!これを試せば、一味違った牛タンを楽しむことができると思います。

牛タンの通な楽しみ方の一つとして、まずご紹介させていただきたいのが、キムチ牛タンです。これは焼肉屋さんの売りの一つであるキムチと一緒に牛タンを食すというもの。牛タンは薄くスライスされたものを注文して、それをさっと炙ります。この時に火が通り過ぎないことがポイントです。
(参考:炭火で焼く牛タンはガスコンロで焼くのと全く違う

そしてそのスライス牛タンを巻くようにしてキムチを一緒に食べます。このキムチ牛タンは、キムチのピリッとした刺激と?酵食品というコクが、牛タンのあっさり感とマッチしてとても深い味わいを生み出してくれます。

次にご紹介したいのが、ネギとポン酢の牛タン和えです。牛タンは上記と同じようにさっと炙る程度で焼き、小口切りにしたネギとポン酢を用意します。そしてその二つで和えるだけ。これだけで牛タンのあっさりとした食感と味覚をさらに倍増させられるような、あっさり系メニューの完成です。このネギとポン酢の牛タン和えは夏場に試してみていただきたい一品であり、ビールのお供にも最適です。

いかがでしたでしょうか、いつもの牛タンの食べ方とは違って、このような通な食べ方を真似してみていただければと思います。そうすれば、いつもとは違った新しい牛タンの魅力と、牛タンの可能性の多さを実感できるでしょう。