牛タンは健康に良さそうなイメージがあるのは何で?

お肉と野菜

牛肉の一つの部位である牛タンに、皆さんはどんなイメージを持たれているでしょうか?おそらく「健康に良さそう」とか「ヘルシー」などのイメージを持っているのではないかと思います。このようなイメージは全国共通で、常識であるというくらいに浸透しているはずですから、牛タンの健康に良さそうなイメージは揺るぎないものであると言ってもいいでしょう。しかし、ここで一つ疑問なのは、牛タンは健康に良さそうなイメージがあるのは何でなのか?ということです。ここまで浸透しているイメージであるわけですから、そこには何らかの理由があるのは間違いないでしょう。

それではその理由について紐解いていきます。その理由の一つとして考えられるのは、牛タンがあっさりとした味わいであることが大きいのではないでしょうか。牛タンというと、塩で食べたりレモンをかけたりして食べますよね。普通の焼肉であればタレをつけて食べるところ、牛タンはこのようなあっさりとした味わいの方法で食べるスタイルが一般的であるため、そこにこってりとしたイメージが付かなくなり、健康に良さそうな食べ物だと見られるようになったのではないかと思います。

そして次の理由としては、牛タンにはそれほど脂身が無いという点も大きいでしょう。普通の牛肉は、脂身が多く入っていることから、どうしてもカロリーが高そうであったり太る要因として捉えられたりしがちです。その点、牛タンはその脂身が少ないということから、生活習慣病の原因となる脂質の少なさが推測できるため、そこから健康に良さそうなイメージが派生したのでしょう。

これらの理由が、牛タンが健康に良いと見られる理由であるかと思います。実際に牛タンは体に良いのかというと、はっきりと調べたわけではないのでわかりません。しかし、このようなイメージと、そのイメージの背景にある理由がしっかりとしているので、イメージ通り牛タンは健康に良いはずです。

ぜひ食べに行ってみてください。牛タンのサイトを見るときっと牛タンが食べたくなりますよ。

参考サイト:
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/treatment/diet02.html
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/tikusanka/sendaigyu.html